これってどこに言えばいいんでしたっけ?

身近な出来事、ニュースから思ったこと考えたことをつれづれなるままに書いていくブログ

職務質問に積極的に協力しました

14日の木曜日、13時ごろ、職場近くの公園で2人組の警官に職務質問を受けまして。

久しぶりの職質ですよ。
15年くらい前、職場が新宿だった時は通勤途中によく受けましたけどね。

2人が危険物がどうとかこうとか言ってくるんで
「任意ですか?強制ですか?」と、ごねてもよかったんですけど
早く終わらせたかったんで積極的に協力することにしたんですよ

カバンの中身が見たいというので
「危険物は持ってないですけど、どうぞ」
とベンチに置いてた黒いナイロンリュックの口を開けて
警官Aに任せたわけですよ

すると
警官A「タバコ吸いますか?」
僕「いや、吸わないです、だから火器もないし、禁止薬物の類もやらないので注射器とかガラスの吸入器とか危険なものはいってないですよ」
警官A「いや、いいです」

「いや、いいです」ってなんだよ、
ってちょっとイラッってしたんですよ、
そしたら、もう一人の警官Bが言ったんですよ
「じゃぁ、早く終わらせちゃいたいんで、同時進行で…
ポケットの中身だしてください」

「いや、いいです」とか「早く終わらせたい」って、
冷たいじゃないですか?
向こうから話しかけてきたのに。
だから、よ~っし、もっと積極的に協力しよう!
と思いまして

「はい、財布とカード入れ」って警官Bに差し出したんですよ
すると
警官B「いや、いいです、ポケット裏返してください」
僕「中身見なくていいですか?禁止薬物が入ってないかどうか確認しなくて大丈夫ですか?」
警官B「いや、いいんで、ポケット裏返して」
僕「触ってもらっていいですよ、そのほうが確実でしょ」
警官Bは「じゃあ…」って上着とズボンのポケットを上から触って確認したんですよ
そのあと
警官B「財布見せてもらえますか?」
僕「どうぞ(笑)、やっぱり確認したほうがいいですよね(笑)、僕も早く終わらせたいんで協力しますから、さっきなんで断ったんですか?(笑)」
警官B「警察のお世話になったことないですか?」
僕「ないです、前歴確認するんでしたら」ってカード入れから運転免許だしたら
警官B「いや、いいです」
僕「ほんとにいいですか?また後で見たいとかないですか?(笑)」

ってなごやかに警官Bの持ち物検査受けてたら
警官Aがカバンのチェック終わったみたいだったんで
僕「なにかありました?」
警官A「今日は仕事の休憩で来た感じですか?」
僕「いえ、これから仕事です、今日は遅番なんで14時からなんで、カバンの中になにか危険なものありました?」
警官A「いや…」
僕「ですよね、なんで僕に声かけたんですか?職質かける基準とかあるんですか?」
警官A「あ~昼間で、子供がいる公園で、ひとりでスマホ見てたんで、まぁ、直感ですね」
僕「あ~…小児性愛者に見えました? あ、じゃあ、スマホの中見ますか?子供の写真撮ってないか確認します?」
警官A「…」
警官B「いや、いいです」
僕「いいですか?検索履歴とかも見ていいですよ。
あ、そう、『あのおじさんに声かけられなかった?』とか
あの子供に聞いといたほうがよくないですか?」
警官A「あ、もう大丈夫なんで…」
僕「大丈夫ですか?全部大丈夫ですか?じゃ、終了で、
直感は外れましたってことで大丈夫ですか?
刑事の直感。刑事じゃないか(笑)」
って言ってたら2人無言で立ち去ったんですよ。

「ご協力感謝します」とか言い忘れたのか、
わざと言わなかったのかわからないですけどね。
無言で立ち去りました、僕がまだしゃべってるのに。