これってどこに言えばいいんでしたっけ?

身近な出来事、ニュースから思ったこと考えたことをつれづれなるままに書いていくブログ

辺野古移設で対立するのではなく

普天間移設で協力し合うことができればいいのに…

 と思っております

と実現性のない綺麗ごとはともかく

 

最近GHQ関連の本を読んでるんですよ。

面白いですよ。

 

何で読んでるかというと

国際社会から強い批判の声が上がっている歴修正主義に基づく誤った歴史認識を改めるためです。

 

聞き流すなり、笑うなりしてくれていいのですが、

誰かが『国際社会』って言ったら

「具体的にどの国ですか?」って聞くお約束は覚えておいてください。

 

で、何冊か読んでて思ったんですけど、

GHQは日本人に罪人意識を徹底して植え付けたなんだな…

ってことですよ。

 

「日本人悪い人。お前日本人。だからお前悪い人」

って植え付けたわけですよ。

 

で、

「あなたが『善い人』になる方法が一つだけあります。

それは日本国、日本人を批判することです」

って踏み絵のように日本批判をさせるわけですね。

 

まともな日本人なら善い人になろう、人間性を向上させようと思って

改善のための具体的なアイデアを考え出して実行するわけですよ。

その改善の具体策を考える過程で知性も向上していくわけしょ。

 

それが

批判しさえすれば『善い人』になれるとGHQ教団に信じ込まされた人たちは

具体的な改善策を考えたりはしないわけですね。

だから、まぁ、あの、知性のほうも成長せずにアレな感じになっちゃうのかな?って。

「え?東大出てるのに?」「弁護士っていうからもっと賢い人かと…」「ほんとに精神科医ですか?(笑)」

みたいな人が反日勢力にはね、まぁ…

 

とにかく「日本人は悪い人」っていう原罪意識はやばいわけですよ。

「こうすれば『善い人』になれます」って人に引っ掛かりやすくなる。

オウム真理教は善人になるための善業として殺人・テロ行為をさせたわけですからね。

 

本の学校教育で近代史が軽視されているのは

日本人が洗脳されている真実を気づかせないためです。

(※個人の想像です)

 

今を理解するためには、歴史を学ばなくてはならないな

とGHQ関連本を読んで強く思いました。