これってどこに言えばいいんでしたっけ?

身近な出来事、ニュースから思ったこと考えたことをつれづれなるままに書いていくブログ

お釈迦様は生まれてすぐに立ち上がり 「天上天下唯我独尊」とおっしゃった・・・

お釈迦様は生まれてすぐに立ち上がり

天上天下唯我独尊」とおっしゃった・・・

っていう伝説があるじゃないですか。

こういう伝説を聞くと「だから宗教って嫌いなんだよ・・・」って人もいると思うんですよ。

 

でも

伝説ってその元ネタになった話ってあるって思うんですよ。

桃太郎伝説の元ネタとして吉備津彦命の温羅退治があるように。

 

この本に天上天下・・・の元ネタが書いてあったんです。

こんな感じで。

菩提樹のもとで真理に目覚めたお釈迦様は、かつての修行仲間の元に向かいます。

この昔の仲間5人に教えを解いたのが『初転法輪』と言われる仏教仏教徒の始まりになるのです。

この昔の仲間に会いに行く途中、お釈迦様はある修行者集団とすれ違います。

その中の1人の修行者がお釈迦様に尋ねます。

「あなたの先生はだれですか?」

真理に目覚め仏陀となっていたお釈迦様は

「私は真理に達したので、今の私には先生と呼ぶべき人はいません」

と答えたそうです。

 

この初転法輪の前にお釈迦さまが話したことが「天上天下唯我独尊」として伝わり、

さらに「真理に目覚めてから最初に人に語った言葉」から

「生まれてすぐに語った言葉」として伝わることになったようです。

 

元ネタを聞くと、なるほどそれなら受け入れられるって感じじゃないですか?

 

 

原始仏教入門―釈尊の生涯と思想から

原始仏教入門―釈尊の生涯と思想から

 

 

 

広告を非表示にする