これってどこに言えばいいんでしたっけ?

身近な出来事、ニュースから思ったこと考えたことをつれづれなるままに書いていくブログ

特定の思想集団が本性を隠して人を集めて洗脳する・・

25年まえ

「他大学の友達ができる」と誘われてお花見にいったら統一教会の集いだった・・

なんてことがごく普通にあった。

ただのヨガ教室だと思って行ったらオウム真理教の道場だった・・

なんてこともあったようだし・・

 

特定の思想集団が本性を隠して人を集めて洗脳する・・

ちょっとやましいことのある集団がこれをやるのですが効果的なんでしょうね

 

だいたいすぐにばれて警戒されるのですが

そんな中なぜか世間に受け入れられてしまったものがあります。

ピースボートです。

 

80年代、小田実という赤い人が中心になってある企画がスタートしました。

それは民間の客船をチャーターして、北朝鮮、中国、ソ連という赤い国をめぐるツアー。

しかし、冷戦中の1983年、諸事情により企画は土壇場で頓挫します。

そしてチャーターした船だけが残った。

この船でグアム、硫黄島などの戦地めぐりを企画したのがレッド小田さんとこのユースチーム(辻元清美を含む)

ちょうど今のシールズみたいなもんですね。

 

この戦地めぐりのツアーがピースボートの始まりです。

外が白くても中は真っ赤なわけです。

表面はピースでもなかは革命ですからね・・

 

オウムの後継団体は若者を中心に信者数が伸びているそうです。

「99万円世界一周の旅」も参加者は年々増加しているそうです。

特定の思想集団が本性を隠して人を集めて洗脳する・・

革命的警戒心(笑)が必要だな

 

 

 

希望難民ご一行様 ピースボートと「承認の共同体」幻想 (光文社新書)

希望難民ご一行様 ピースボートと「承認の共同体」幻想 (光文社新書)

 

 

広告を非表示にする