読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こまかい事が気になってしまう…それが私の悪い癖。

身近な出来事、ニュースから思ったこと考えたことをつれづれなるままに書いていくブログ

【悪質クレーム】OK! クレーマーゲームはじめようか!

日記・雑記

f:id:finalstate:20160508005106j:plain

 

「ここ、上手い人いるの?」

一昨日、乱暴に扉を開けて店に2人の男が入って来たのよ
2人とも40代だろう
1人は身長180超、スーツにノーネクタイ、ルイヴィトンのセカンドバッグ
もう1人は 身長165前後、黒いジャンパー、メガネに髪はポニーテール
堅気じゃないよナ

「上手い下手はお客様との相性もありますので保証はできないんですよね」
と答えてる途中にかぶせて大声出したわけヨ
「あ、そうやって逃げるんだ!」

それでちょっとイラッとして黙ってしまった、オレは。

すると隣にいた女性スタッフ(20代)に同じように絡むわけヨ

クレーマーだな・・。
いるんだよ、からんでタダでマッサージ受けていこうとするやつらが
こっちがうっかり「うちのスタッフはみんな上手いですよ」なんて言ったら
「上手くなかったから金返せ!」とか後で言うつもりなわけヨ

オレは女性スタッフに「ちょっと、奥で・・」と言ってスタッフルームに下がってもらった
なんかあったら警察呼んでもらうために
そして受付にオレ、カウンター挟んでセカンドバッグ、その後ろの待合イスにポーニーテールだ


OK! クレーマーゲーム始めようか・・

「上手い人いないの?」
「上手くないのにお金とってやるってどうなの?」
オレを動揺させようと大きな声でいろいろ言ってるわけよ
気持ちを揺さぶって考えられなくして操ろうってわけだ
ここで挑発に乗って「満足出来なかったら返金してやるよ!」
なんて言っちゃう施術者もいるだろうな・・

まずオレは言ったわけヨ
「申し訳ありませんが、もう少し小さい声で話していただけますか?」
すると
「なんで? オレは生まれつき声が大きいんだよ!」

オレはもう一度同じことを言った
「申し訳ありませんが、もう少し小さい声で話していただけますか?」

すると
「だからぁ、な・ん・で? なぁ~ん~でぇ~?」

笑いそうになったよ
40過ぎた男が大声で 「なぁ~ん~でぇ~?」
は無いだろう・・

だから答えてやったよ
「大声で話されると、脅迫されているような気分になってしまうので・・」


これでセカンドバッグは黙った、でオレをにらむわけヨ
2~3秒だったのかな?
けっこう長く感じたよ

いきなりセカンドバッグを受付カウンターにドン!と置いて
こう言うわけヨ
「で、いくらになるの?」声の大きさは普通だ
生まれつきの大声じゃなかったんだな・・

オレはメニュー表を差して言う
「料金はこちらですね」

「分かってるよ!(←ここだけ大声で) ここからいくらになるの? お兄さん? 大丈夫?」
特別な料金を提示しろというわけだ

するわけないだろう・・
こっちから条件提示したらゲームオーバーだからな
相手の気持ちを察してサービスしたらこっちの負けよ
相手に言わせないと・・


セカンドバッグがいろいろ言うわけヨ
「地元に仲間がたくさんいる」
「週一でマッサージ受けてる友達がいる」
そいつらにこの店を紹介するって

いらねぇよ、この店ゴミ屋敷にする気かよ

「いやぁ・・」「それは・・」
こっちが適当に言葉濁してると
しばらくしてセカンドバッグがこう言ったのよ
「よし、じゃあこうしよう。俺ら2人でこの値段」
って90分の料金を指差すわけだ

具体的要求だ・・
相手が具体的に要求してきたら恐喝罪を主張しようとおれは思ってたわけヨ
そして、確認した
「半額でサービスしろということですか?」

「半額にしろって言ってるんじゃなくって、
そっちがどれだけ引けるのか言わないから、聞いてるんだよ!
お兄さん大丈夫?」
一応相手もゲームのルールは分かっているらしい。
ただ・・大丈夫じゃないのは相手の方だ・・
もう普通のおっさんのしゃべり方になってる

すると「もういくぞ・・」って言いながら
ポニーテールが立ち上がったのよ、
セカンドバッグはそれに応えずしゃべってる
「で、いくらならできるの? いまのより上? 下?」
ポニーがもう一度言う
「行くぞ、このお兄さんやる気ないから」

ゲーム終了だ、やれやれ・・

「お兄さんもっと勉強したほうがいいよ」
って言いながらセカンドバッグは出ていったわけヨ
ああ、もっと勉強しとくよ、クレーマー対策を・・

ゲームが終わって思ったのよ
「こっちはゲームやる準備してるぞ!」
ってのが相手に伝われば、勝たなくていいんだって
そうだよな、たかる連中ってのは、それが楽だからやってるんだ
簡単にはいかないぞっての見せれば引くわけヨ

準備しててよかったよ
ちなみにオレが読んでいたのはこの本だ

 

クレーム処理のプロが教える断る技術

クレーム処理のプロが教える断る技術

 

 

広告を非表示にする