これってどこに言えばいいんでしたっけ?

身近な出来事、ニュースから思ったこと考えたことをつれづれなるままに書いていくブログ

【テラスハウス】肉が消えた事を怒っているんじゃない 物語が消えたことを怒っているんだ【お肉事件】

昨日、職場で女性スタッフ3人が

テラスハウス』ってTV番組の話で盛り上がってるわけヨ


テラスハウス』…

20代の男女6人がシェアハウスで暮らすのを覗き見する。

そんな気持ちの悪い番組だ

 

その番組の中で事件があったらしい

住人の1人、 美容師の男がお客さんからもらった飛騨牛を冷蔵庫に入れていた

最高ランクの飛騨牛

 

等級証明書同封!!A5等級 特撰飛騨牛極上サーロインステーキ お得な250g×2枚セット(合計500g)

 

それを他の住人が勝手に喰ったらしいんだな

しかも全部だ

 

そりゃ怒るよナ

男はこう言って怒ったらしい

「みんなからしたら、ただの肉かもしれない。

でもいろいろ思いがあるのよ、あの肉には・・」

その肉には物語があったわけヨ

 

それをオレの同僚(女:37歳)は

「めっちゃうけた」「男として器が小さい」とか言ってるわけヨ

 

そうじゃないだろう・・・

 

オレはそのスタッフに言ったわけヨ

「○○さん、いつもマグカップでハーブティー飲んでるじゃないですか

マグカップを息子さん(8歳)から誕生日プレゼントしてもらったら

嬉しくないですか?」

 

「なんでそんなこと聞くんですか?」

同僚がそう言うのを無視してオレは続けたわけヨ

「息子さんが半日かけていろいろ選んで決めたマグカップ

それを職場に持ってきたとしますよね、
それを僕が床に叩きつけて砕いたら怒りますか?」


「怒るでしょ、普通に・・」

「で、僕が『はい、同じマグカップ』って言って

同じメーカーの同じ形のマグカップを出したら納得しますか?」


「絶対許さない」と言うわけヨ

そうだろうな、物語が消えたわけだ、許すはずがない

息子にもらったマグカップにあって

オレが用意したマグカップに無いもの

それをオレは『物語』と呼んでいるわけヨ

 

「みんなからしたら、ただの肉かもしれない。

でもいろいろ思いがあるのよ、あの肉には・・」

 

その肉には彼の物語があった

お客さんと共有した大切な物語だ

 

彼は肉が消えた事を怒っているんじゃない

物語が消えたことを怒っているんだ

 

それをわからない人、彼にとっての物語の大きさをわからない人が

彼を小さいとか評価してはいけない

オレはそう思ったわけヨ