読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こまかい事が気になってしまう…それが私の悪い癖。

身近な出来事、ニュースから思ったこと考えたことをつれづれなるままに書いていくブログ

【安保法制】ドリルと実力行使、すんのかいせんのかい

社会・政治

***注意:この投稿には政治的発言が含まれています***

「ドリルすんのかいせんのかい」の話なんですけど、
よかったら聞いてってください。

 

 

「いや、もう、無理や言うてますやん、帰ってください」
「どかんかい! お前!」
「ここまで言うても帰ってもらえませんの?」
「当たり前や! どかんかい! お前!」
「もう、言うてわからんのでしてたら、痛い目におうてもらいます」
「どういうことやねん、痛い目てお前!」

(実力が行使される)

「ワー!オイ!!」

 

離島防衛における自衛権の行使は、こんな感じでしょうか。

 

相手がやる気満々で、危険だと判断した時に、相手が手を出す前に手を出す。

 

正当防衛と自衛権行使との違いは
「相手が手を出す前にやる!かも??」ってとこですよね。

 

なので、今後、実際に戦争しないためには

・行使しないけど、行使する気満々なグループ
 【痛い目におうてもらいます派】

・止める力はないけど、全力で反対するグループ
 【オイオイオイオイ! 待てコラ! どう言うこっちゃ!派】

 

このふたつによって
自衛権行使する気満々であることを世界にアピールしながら、
「実力行使すんのかい思うたら、せんのかい!」を国内でやっていく必要がある。

 

そのためには強力な反対派キャストが必要ですね。

 

「いかに使わせないか、執行させないか、そのことのために、全力を挙げていきます」

9月21日、JR大宮駅の街頭演説で、民主党枝野幸男氏は安全保障法制に関して

上記のようにおっしゃったそうです。

 

おっしゃる通りだと思います。
野党の役割を理解している「プロの野党議員」ですね。
この人のことは好きじゃないですけど、
今後重要なキャストとして左の本格派「ゆっきー(枝野幸男)」は応援していこう。

 と思います。もちろん政権とらせない範囲内で。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

あなたが幸せでありますように。

生きとし生けるものが幸せでありますように。

私の嫌いな人も幸せでありますように。

 

www.youtube.com

 

 

広告を非表示にする