読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こまかい事が気になってしまう…それが私の悪い癖。

身近な出来事、ニュースから思ったこと考えたことをつれづれなるままに書いていくブログ

【食の安全】ノルウェー産?樺太?ししゃもがベトナムから

心理・思想

山口県の「伊村産業」がベトナムから輸入した冷凍ししゃもに、

ネズミ駆除に使われる薬剤「塩化ダイファシノン」が混入されていた問題。

 

塩化ダイファシノンは血液を固まりにくくする作用を持ち、喀血や、体内出血による頭

痛・吐き気・腹痛などの症状が現れる危険があるそうです。

 

ベトナム人が誰かを傷つけようと悪意をもって行ったと思います。

しかし、日本人に対する悪意はなかった。

と、私は思いたい。

きっと、中国に出荷するししゃもと間違えて、梱包してしまったのでしょう。

 

悪意と悪事に関しては、4通り。

1.悪意なく、悪事を働かない。

2.悪意あり、悪事を働かない。

3.悪意あり、悪事を働く

4.悪意なく、悪事を働く

 

ベトナムのししゃも問題は【3.悪意あり、悪事を働く】

中国の腐敗肉出荷の問題は【4.悪意なく、悪事を働く】

 

私は、「悪意が無い」「悪いことをしている自覚がない」 というのは、問題の根が深

く、改善が難しいと思っています。

 

中国の場合、問題の本質は腐敗肉でなく、腐敗した人と文化。

非常に根深い問題ですね。

広告を非表示にする